Entry: main  << >>
アシラ・アート・フェスティバル




あっちこっち、色んな所へ行ってきました!

(それにてブログの更新が遅れてしまいました...)


ヨーロッパや、モロッコ内にも行ってきたのですが
その中の一つ、モロッコのアシラという海辺の街。

この街は旅行者の方からはもちろん、モロッコの人からも良い評判ばかり。

何よりも、アシラのメディナ(旧市街)の家々の壁は
すべて世界中のアーティストの絵が描かれているというのが
なんとも魅力的で訪れたかった街。

1年に1回世界中のアーティストが集まって絵が更新されます。

で、そのお目当ての絵はというと...

2週間後からその絵を描くフェスティバルが始まるとのことで
街の中は真っ白に塗り直されておりました...

でも!! ということは、もうすぐモロッコへ来られる方達へ
このアシラのフェスティバルを紹介出来るチャンス!!
と、本日はアシラのオススメ。










かろうじて残されていた絵は、こんな感じ。







こんなかわいらしいモロッコ人アーティストのモハメドさん作なんかも。


残念ながら、真っ白な街に塗り直されていましたが
だから、街がとってもきれい。

それに、モロッコなのに街中にゴミがひとつも落ちていない。

ヨーロッパの人々が、セカンドハウスにとメディナの家を
たくさん買ってしまっているのもあるかもしれないが
モロッコ独特の、街の道に何することない人々がわさわさしていることもなく
見かけるのは、シャイな子どもたちが遊んでいるだけ

ここは、モロッコなの?と異空間に来た雰囲気さえある。

ちょっときれいすぎて、ヨーロッパの街のようで味気ない感じもあるけれど
それでもこの街がすてきなのは
気持ちいい「気」とでも言えるようなものが流れているところ。

心地いい。


そして、アシラの人もいい人が多い。

リアドなのかな?
と、見学させてもらおうと叩いたドア。

イタリア人のセカンドハウスだったのですが
ご主人の留守を預かるモロッコ人家政婦の方が快く家に入れてくれる。

どうぞどうぞ、と寝室から浴室から屋上まで案内してくれて
しまいにはご自由にどうぞと野放し状態。

他人の家に見知らぬ他人をこんなに見せていいの??
と、そこがやっぱりモロッコ人らしいのですが
こんな親切は、他の街ではなかなか出逢えない。


ホテルから駐車場まで荷物を運んでもらったリアカーのおじちゃんも
駐車場に着いてから気づいた忘れ物を

その年齢でそんなに走っていいの??
というくらい、一目さんに走って荷物をとってきてくれた。










「どモロッコ」という雰囲気はないけれど

旅の途中で、街の壁がアートになっているというナイスな企画でいて
静かな気のいい海辺の街で
ゆったり、魚を食べながら、アートに触れるのはとってもおすすめ!!






最北端の街タンジェより南へ約30キロの街。

スペインからタンジェへ、もしくはタンジェからスペインへフェリーで抜ける際
または、フェズ、シャウエンなどに訪れた際に
一足寄るとルートを作りやすい。


ちなみに、アシラのお食事処。
メディナの門「バブ・ホマール」からビーチにかけて、これでもか!!
というほどのオープン魚レストランが続いているけれど
ツーリスト用でまったく美味しくないです...

食事は、地元食堂
もしくは、ホテルの人に美味しいレストランを訪ねましょう!




●Assilha Art Festival


01/07 ー 27/07/2012
http://www.adachatassilah.com/en/about/how-to-get-there



oto
house13的・旅の情報

CATEGORY

CALENDER

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ENTRY

ARCHIVES

ただ今のモロッコ

ただ今のマラケシュ

Click for Marrakech, Morocco Forecast

ただ今の砂漠地方

Click for Errachidia, Morocco Forecast

LINKS

FACEBOOK

TWTR

PROFILES

FEED