Entry: main  << >>
道ゆくお店



とあるカフェにて、周りのおじさんにつられて

ただただボーっとしていたところ。



ベルトを売って歩くおじさんが通り過ぎていきました。


ベルト


需要ってあるのだろうか。

ふと思い巡らせます。


 履いてたズボンがずるり。

 あれ、ベルトをつけ忘れた?!

 気になって気になって仕方ないな…。


 そこへ救世主のごとくベルト屋登場!


 即購入!!

なんてこともあるかしら。


そのうちに靴下を売って歩くお兄さんもやってきました。


とりあえず私にもちらりとみせてくれる。

一応ちらとみるも、ううん、いらないや。


 寝坊だ!大慌てで家を出る。

 なんとか無事用事を済ませ、ようやくカフェにてホッと一息。

 あれ、靴下を履き忘れてる?!

 あーなんだかむずむず。


 そこへみえるは靴下やさん?!!


 願ったり叶ったり!


なんて多少の需要も見込めるかしら。

ボーっとついで、勝手なことを考えます。


さてさて空想の世界から戻ろうとしたところ…


なんとやってきたのは、帆かけ船の模型やさん?!!


私の心をわし掴み!

またも空想へと引き戻されます。


 海の向こうの見知らぬ土地へと思いを馳せる。

 そこへ、絵に描いたような帆かけ船!


 ザッパーーーン。

 幾つもの試練を越え、大陸がみえたぞ!

 まさに大海原に光輝くロマン!


 おおっと、今日は息子の誕生日だったな。

 なんてこった、息子は船長になるかもな!

 よーしこの船を贈ろう!


なんて、順風満帆?


あちらで遠い目をしているおじさん。

買わないかな。


一体どんな様子で買われていくのかしらと

帆かけ船やさんを目で追います。


きっとどこかには目を輝かせて買い物する人がいるのでしょう。


お店の人はいたって真剣な面持ち。

きっと、家族を養うためにも邁進します。

それにしても、なんだか楽しそう。



まもなくおもちゃのバイオリンを売って歩く人もやってきました。


うーん、あれもやっぱり

バイオリニストの夢を孫にでも託そうプレゼントってとこかしら。



空想は続きます。

そしてまだまだ続く、歩いてくるお店。


Tシャツ屋、アクセサリー屋、ラグ屋、謎の置物を売る人までも。


絵画を売る人が現れれば、まるで即席ギャラリー。


ジャラジャラとコインの音がしたら、煙草やさん。

コツコツ木箱を叩く音が聞こえたら、靴磨き屋さん。



例えば突然の一本のタバコに思わぬ閃きだとか

靴がピカピカになって心もピカピカだとか

そんな風に、あらゆる要素を

タイミングのままに織り交ぜながら

お茶の時間は自由に繰り広げられます。


行商はきっとリアルな現状であって

こちらの生活を目の当たりにするような場面でもあるのですが

とてもポジティブな光景でもあって

生きる力強さのようなものを感じたり。

ただ座ってるだけで遭遇してしまうあれこれと

タイミングが自由に行き交う様子に

なんだかワクワクしたり。


こんなにも寛いで、どうでもいいようなことを 

ついつい考えてしまえるようなカフェの時空間もあいまって。


コーヒーを一杯いただく間に

それぞれの人にいくらでも広がる自由を
通り過ぎていく人生の一こまを
いくつも垣間みた気がしたのでした。





めるは



MOROCCO MARRAKESH DIARY

CATEGORY

CALENDER

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ENTRY

ARCHIVES

ただ今のモロッコ

ただ今のマラケシュ

Click for Marrakech, Morocco Forecast

ただ今の砂漠地方

Click for Errachidia, Morocco Forecast

LINKS

FACEBOOK

TWTR

PROFILES

FEED